久美子 '23 | 無農薬ブルーベリーのミード

500ml

Regular price
¥2,970
Regular price
Sale price
¥2,970
Tax included.

<商品説明>

有機栽培で米や野菜、フルーツなどを育てる滋賀県野洲市のレイクスファームさんのブルーベリーをふんだんに使ったミードです。

レイクスファームの辻久美子さんが手塩にかけて育てたブルーベリーの良さを活かしてみたいと、自然発酵に任せたつくりに。

滑らかな赤い色合い、グラスに垂れる足の長さは少しだけ短く、強い樽香と鼻から抜けていくのはブルーベリーと蜂蜜の香り。飲んだことあるようで、実はあんまりないような、いいスタイルです。

'23の久美子さんのブルーベリーはあえて早摘みのものを摘み、酸が活きる作りを目指してみました。使用したブルーベリーの量も多かったことや、気温が少し高いまま持ったことが幸いし、発酵がとても順調に進みました。

「みなさんと一緒にブルーベリーを摘んで、完成した暁に畑で一緒にテイスティングパーティーをしたらめっちゃ楽しそう!」と思い立ち、有志の方々と一緒に詰んだブルーベリーです。

    製品情報

    - スタイル: Fruited Mead / Melomel
    - アルコール度数: 13%
    - 炭酸: なし
    - サイズ: 500ml
    - 原材料: ブルーベリー(滋賀産)、蜂蜜
    - 甘さ(1-10): 3 (Semi Dry)
    - 飲み頃温度: 冷蔵(4-8°C)

    ラベルについて

    久美子さんへのリスペクトを込めて、ブルーベリー色の「久美子」という文字を描きました。

    香り / 味わい

    ブルーベリー由来の酸味、ドライでシルキー、強めの樽香

    おすすめのペアリング

    ボディー感と柔らかいタンニン、有機酸があり、お肉料理に合わせやすいです。

    昨年に比べて残糖の量もしっかり少なく、ワインのような骨格をはっきり演出することができました。

    お届けからお召し上がりまで

    1.直射日光を避けて、冷暗所に保管ください。(ご購入から1年を目安にお召し上がりください)

    2. 飲む前に冷やしてください。(夏場:冷蔵庫で4時間、冬場:冷蔵庫で2時間)

    3. キャップを捻ってOPEN

    4. 割らずにそのまま、お楽しみください。

    5. 飲みきれなかった場合は、ペットボトルの蓋を締めるのと同じように、キャップをキュッと締めてください。(冷蔵庫に入れていただくと、1週間ほどお楽しみいただけます)

    蜂蜜について

    創業当初からずっと使っている蜂蜜は、ミャンマー産の「百花蜜」。ヒマワリやゴマ、ライチ、ナツメなど、さまざまな植物から採取された蜂蜜です。

    甘さだけでなく、苦みや渋みが感じられる濃厚な味わいが特徴。この渋みや苦みを持つ蜜が他にはなかなかなくて、ミードにしたときにしっかりと味を引き締めてくれます。

    送料

    ¥8,000以上のご購入で送料無料
    * 送料無料商品はこちら

    ¥8,000未満の場合は、下記送料が発生します。

     2024/7/3(水)〜9/30(月)の期間は、クール便にてお送りいたします。
    クール便代:330円ずつ増額した下記料金となります。
     

    ※価格は全て税込

    1~2本

    3~4本

    北東北(青森・岩手・秋田)

    ¥1,260

    ¥1,330

    南東北(宮城・山形・福島)/
    関東/ 信越(新潟・長野)

    ¥1,100

    ¥1,280

    北陸・中部・関西・中国

    ¥990

    ¥1,170

    四国・九州

    ¥1,100

    ¥1,280

     

    ※¥8,000(税込)以上のご購入で送料無料
    (Assort Box (4本以上)、ANTELOPE GIFT BOXは送料無料)
    * 送料無料商品はこちら

    ※送料無料の選択肢として、「野洲工場での受け取り」もチェックアウト画面にて選択いただけます。お近くにお住まいの方や、近くにいらっしゃる機会がある方はぜひご利用ください。

    ※北海道への送料は一律2,730円(税込)を頂戴しております。

    ※沖縄県へは、着払いにて発送いたします。

    ※運送会社は、ヤマト運輸です。

    久美子 &
    久美子 &
    久美子 &
    久美子 &
    久美子 &
    久美子 &
    久美子 &
    久美子 &

    - つくり手のノート -

    久美子 '23のお話