ミードとは?

ミードというお酒を飲んだことはありますか?
おそらく飲んだ経験はおろか、聞いたことすらない!という方が多いのではないでしょうか。
そんなミードについてご紹介します✍️

はちみつを発酵させたお酒「ミード」

ミードは、はちみつを発酵させて作ったお酒のことです。
日本酒がお米を発酵させ、ビールが麦を発酵させ、ワインがブドウを発酵させて作ったお酒であるのと全く一緒です。

人類最古のお酒で、1万年以上前からあったともいわれています。

実は世界最古のお酒「ミード」

ミードは世界最古のお酒と紹介をされることが多いです。どれくらい古いのかというと、一説では紀元前1万4000年前とのことです。

ビールも非常に歴史が古いのですが、それでも紀元前5000年前のイランで大麦を使ったビールの残りが発見されたと言われているくらいです。

クマが壊した蜂の巣に溜まった雨水を飲んだことが人類の最古の飲酒と言われ、それがミードだったようですね🙌

あまり知られてないのはなぜ?

ミードは、歴史がとても古く、何千年も前からはちみつを発酵させるお酒として愛されていました。

しかし、ブドウや穀物が育つ技術が発達し、次第にワインやビールなどがミードの代わりに多くつくられるようになりました。

そのためミードは、王族などの一部の上級階級のみが楽しむものとして世間からのニーズは減っていきました。

また原材料の貴重さを抜きにして、ミードのつくりという面でも、穀物やフルーツと比べてアミノ酸や脂質が少なく、発酵に向いておらず安定した作りが難しかったという点もミードが広がらなかった理由の一つです。

現在ヨーロッパやアメリカでは、多くのモダンなミード醸造所が存在しミードを楽しむ文化が根付いてきはじめました。

僕たちは初めてミードを飲んだ2019年から、この感動をもっと広げたい!という一心の想いで日本初のミード醸造所を立ち上げました。

ミードの味わいの特徴

甘さ

多くの人が「甘い」と想像されると思います。しかし、ミードは甘いものだけではありません。デザートワインのような甘いものから、ビールのようにキリッとしたものまで幅広い味わいがします。

香り

ミードの香りは繊細なものが多いです。あえて表現するならば、「お花っぽい、フローラルな香り」でしょうか。はちみつ本来の優しい香りが出ており、なんだか晴れやかで心地よい気持ちにさせてくれます。

炭酸

炭酸がないものから、スパークリングワインのようにシュワシュワするものがあります。心地よい炭酸ガスが入ったスパークリングミードはシャンパンのように乾杯用として最高だと思います。

ペアリング

ミードってどんな食べ物と合わせたら良いでしょうか?と悩んでいる方も多いかも知れません。ミードは、はちみつで出来ていますので、はちみつと相性の良い食べ物と合わせてもらうのがまずはおすすめです。